松元治郎

Farewell, my love

Farewell, my love

Farewell, my love

Farewell, my love

I come back again/松元治郎

松元治郎さんのセカンドアルバム、「I come back again」収録曲

なぜだろう、冬になると聴きたくなる。イントロのピアノが素晴らしい、ギタープレイも素晴らしい、シャウトも、歌詞も。

綿貫正顕さんの提供曲。綿貫さんが以前から持っていたストック曲のひとつで、2000年のWANDS解体後に制作されたものである。綿貫さんが、当時、「セカンドアルバムの制作にあたって新たな楽曲を提供したが、完成したアルバムを聴いてみるとストック曲だったこの曲が収録されていた。」という趣旨の発言をされていたような。

当初はバラード的な楽曲であったが、今回の収録にあたってだいぶ印象が変わっている。AメロのVan Halenなピアノ・パートは綿貫さんのデモにはなかった模様。

イントロのルバートなピアノが印象的。安保さんがご自分で弾かれている。

綿貫さんの楽曲というと、やはり「Brand New Love」だろう。あの楽曲もピアノが印象的だ。そしてメロディが美しい。同様にZARDの「GOOD DAY」も素晴らしいメロディである。とても良い楽曲を作られる方で、私が最も好きな作曲家である。

安保さんはギタリストなので、ピアノも弾かれているが、もちろんギターも素晴らしい。特に間奏のギターソロは圧巻である。それに続く、

燃え尽きてしまえよ いっそ・・・身体ごと

への流れがいい。

-松元治郎
-

© 2020 船橋市の糖尿病甲状腺クリニック