船橋市の糖尿病内科ランキング

第一位:船橋市立医療センター 代謝内科

第二位:船橋中央病院内科

糖尿病内科を謳っている医療機関は多数ありますが、日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医(指導医のほうが専門医より格上です)を持っている医師が在籍している医療機関をお勧めします。これらの資格を持っていることが系統的な糖尿病診療のトレーニングを受けてきたことの証明だからです。それ以外は、自己流でやっているだけであると断言して差し支えありません。日々新しい治療法、デバイスが登場する糖尿病診療の世界は、毎日が勉強であり、生半可な気持ちでできるものではありません。

しっかりコントロールしないと心筋梗塞、脳梗塞、失明、腎不全など生命にかかわる重大なイベントを引き起こす糖尿病。最善の治療をうけていただきたい。あなたなら、どちらを選びますか?

2型糖尿病の体重指数、体重の変化、体重の変動性およびアウトカム(ACCORD試験から)

糖尿病内科

糖尿病内科

Body Mass Index, Change in Weight, Body Weight Variability and Outcomes in Type 2 Diabetes Mellitus (from the ACCORD Trial).

Am J Cardiol. 2018 Dec 3.

船橋市の糖尿病内科を極める・・・いつかは

糖尿病患者には体重管理が強く推奨される。しかし、この処方箋は、しばしば体重変動によって特徴付けられる。糖尿病の結果に対する体重変動の影響は不明である。我々は、ベースライン体重、体重変化、体重変動性(BWV)のアウトカムへの影響を評価するために、糖尿病における心血管リスクの管理(ACCORD)試験からの公用使用データセットを使用した。ACCORD試験参加者の体重は、試験中に毎年記録された。我々の主な予測変数は、試験中のベースライン重量、体重の変化(初期 - 最終)、および体重の平均連続変動として定義されるBWV(連続値間の平均絶対差)であった。 Cox比例ハザードモデルを用いた。 ACCORD参加者10,251人のうち、911人(8.9%)、2985人(29.1%)、6355人(62%)が正常体重、太りすぎ、肥満であった。平均3.5年のフォローアップ後、10.2%が主要アウトカム(非致死的MIまたは非致死的脳卒中またはCV死)を有し、4.3%が心不全であり、7%が死亡し、60.7%が微小血管合併症を報告した。 BWVは、BMI [HR(95%CI)]:1.25(1.15〜1.36)、1.59(1.45〜1.75)、1.74(1.63〜1.85)を含む完全モデルにおける主要転帰、心不全、 )、1.18(1.13~1.22)、p <0.0001)。死亡した参加者は、体重が最も多くなった四分位であった。 ACCORD試験のこの事後分析では、体重の変動性は、CVDリスク因子およびBMIとは無関係に、不良な結果と有意に関連していた。私たちの研究は、糖尿病患者の体重変動に伴う重大なリスクと一致している。

糖尿病のない患者(MACHINEコンソーシアムの患者)における冠動脈造影CT断層撮影法の診断性能の比較。

Comparison of the Diagnostic Performance of Coronary Computed Tomography Angiography-Derived Fractional Flow Reserve in Patients With Versus Without Diabetes Mellitus (from the MACHINE Consortium).

Am J Cardiol. 2018 Nov 24.

CTデータに基づいて侵襲的に測定されたFFRをシミュレートすることによる冠動脈疾患の血行力学的影響を評価するための冠動脈コンピュータ断層撮影血管造影由来フラクショナルフローリザーブ(CT-FFR)は、非侵襲的な応用である。 CT-FFRは、正常な冠動脈微小血管応答の仮定に基づいている。冠状動脈疾患の疑いのある糖尿病の有無にかかわらず、CT-FFRの現場計算のための機械学習ベースのアプリケーションの診断性能を評価しました。研究集団には、MACHINEコンソーシアムに登録された75人の糖尿病患者と276人の非糖尿病患者が含まれていた。冠状動脈CTアンギオグラフィ単独およびCT-FFRとの併用による全診断性能を、糖尿病群の110冠血管および非糖尿病群の415冠動脈における直接的な侵襲的FFR比較により分析した。 CT-FFRによる病変特異的虚血の血管ごとの弁別は、レシーバの動作特性曲線の下の面積によって評価した。糖尿病患者におけるCT-FFRの全体的な診断精度は83%であり、非糖尿病患者では75%(p = 0.088)であり、冠動脈CT血管造影の診断精度が58%および65%(p = 0.223)それぞれ、さらにCT-FFRの診断精度は、成層CT-FFR群(CT-FFR <0.6,0.6〜0.69,0.7〜0.79,0.8〜0.89、≧0.9)ごとの糖尿病患者と非糖尿病患者の間で類似していた。糖尿病患者および非糖尿病患者の曲線下の面積もそれぞれ0.88および0.82(p = 0.113)であった。結論として、現場機械学習CT-FFR分析は、冠状動脈疾患の疑いのある糖尿病患者および非糖尿病患者の両方において、冠状動脈CT血管造影の診断性能および正確に弁別された病変特異的虚血を改善した。

糖尿病と心不全の患者の利尿治療。 SGLT2阻害剤の役割および炭酸脱水酵素阻害剤との類似性。

Diuretic treatment of the patient with diabetes and heart failure. Role of SGLT2 inhibitors and similarities with carbonic anhydrase inhibitors.

Rev Clin Esp. 2018 Dec 12.

SGLT2阻害薬は、血糖降下薬が心不全に及ぼす影響の概念を変えている。初めて、治療群が心不全の進化を修正しました。その効果は血糖コントロールを超えており、さまざまな理論がこの利点を正当化すると考えられています。私たちが送った記事では、2型糖尿病で使用された様々な薬理学的グループの心不全への影響を分析し、これらの薬物の利点に関連する作用機序の理論を提示します。我々の意見では、心不全におけるこの利点は、その利尿効果、特に二酸化炭素阻害剤と非常によく似た効果に二次的である。我々は、我々の理論は新規であり、行動の仕組みを説明していると考えており、このような正確な方法で行動のメカニズムを説明している文献は文献にはない。

どんなに時を縛ってもほどける あとどれくらい生きられるのか

あの後、我々が想起したのはこの言葉であった。
シビアなインフォームドコンセントの際に、いつもこの言葉を思い出す。
あのいたましい出来事のあと、選曲した人がこのフレーズを真っ先に想起したのは想像に難くない。良かれ悪しかれ、コマーシャルな意味においても注目されてしまったのがこの楽曲だが、珍しく作曲も手がけている。歌詞を書いた当時(1991年のクリスマスに発売)、彼女はそのような結末を予想していただろうか。私はそうではないと考えている。残された日々がそれほどまでに短いとは思っていなかっただろう。
Baby,baby,don't you cryというフレーズだが、これを聞いて想起することがある。おわかりだろうか。
Baby Baby Baby, don't you cry なのでBabyが一回多い。1992年5月13日発売。やはり、先輩にインスパイアされたと考えるのが妥当か。彼らがデビュー当時にある程度の楽曲を持っていて、遅れて出してきた可能性もあるので、一概には言えないが。デビュー曲のカップリング曲は秀逸だ。大島氏ではなく小澤氏の楽曲なのでまるで・・・のようだが、歌詞の世界はいかにも彼らしく、独創的だ。無理に明るい内容を書くのは向いていない。

更新日:

Copyright© 船橋市の糖尿病内科ランキング , 2019 All Rights Reserved.